So-net無料ブログ作成

大鏡餅競争 徳島の男性が初優勝 兵庫・南あわじ市(産経新聞)

 ジャンボ鏡もちを担いで歩いた距離を競う「大鏡餅(もち)競争」が12日、兵庫県南あわじ市北阿万筒井の薬王寺で開かれた。同県内や徳島県から14〜60歳の男性23人が参加し、徳島県鳴門市の会社員、段洋司さん(33)が91・2メートルを歩いて初優勝を果たした。

 年始の「厄除祈祷(やくよけきとう)大祭」の余興として昭和初期から開催。今年の鏡もちは上下二段重ねの計94・5キロを用意し、台座の三方も合わせた総重量は昨年より5キロ重い161キロになった。

 境内には長さ30メートルのコースが設けられ、腹帯を付けた参加者らが、消防団員らの力を借り、三方を抱えてスタート。顔を紅潮させながら前に進む姿に見守る観衆からは「頑張れ」と声援が飛び、拍手も起こっていた。

 会社の同僚3人で初参加したという兵庫県姫路市の小野浩司さん(35)は「鏡もちは重たかったが、こつをつかめば距離が伸びそう」と話していた。

【関連記事】
姫路で全国凧あげ祭り 手作りたこが乱舞
新成人が弓始式 山口・防府天満宮
1.8mの筆踊る 広島で巨大書き初め
大和三山 中大兄皇子の歌と「美しき誤解」
卑弥呼の鏡 国の成り立ち思う機会に

t8t3hustのブログ
営業マンの鉄則
アクアおつかれっす
体育会系モバイル部
最近のカメラマン事情

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。